おっぱいが下垂してしまう原因とは

若い頃に形の良いおっぱいを保っていても、ケアを怠ってしまうと、加齢とともに下垂する可能性が高くなってしまいます。
おっぱいが下垂してしまう原因にはいくつか挙げられます。例えば、大胸筋の筋力が衰えておっぱいの重さを
支えられなくなるのがその一つとして挙げられます。大胸筋は胸全体を支えている筋肉であり、
他の筋肉と同様に、何もしなければ加齢とともに筋肉が低下し、ハリがなくなっていきます。
また、おっぱいの部分の皮膚がたるむのも下垂の原因となります。

 

おっぱいの内部には乳腺、脂肪、大胸筋を支えるために網の目に張り巡らされている
クーパー靭帯と呼ばれる組織があります。このクーパー靭帯が切れたり、伸びたりすると、
おっぱいの形をつくる機能が低下し、下垂に至ります。大胸筋や皮膚のたるみが原因の
下垂の場合は自力で改善させられる可能性がありますが、クーパー靭帯は一度伸びたり、
切れたりすると二度と元に戻らないので注意が必要です。

 

ホルモンバランスの崩れも下垂の原因になります。おっぱいのハリを保つにはエストロゲン
呼ばれる女性ホルモンが必要不可欠です。しかし、ホルモンバランスが加齢や生活環境の悪化などで崩れてしまうと、
エストロゲンの分泌量も低下し、胸のハリを保つのが難しくなっていきます。

 

女性×

ハリのある乳房を保つには、十分な睡眠や規則正しい食生活の維持、適度なストレス解消は欠かせません。

また、姿勢の悪さも下垂を招く原因となります。姿勢が悪くなると、胸部の筋肉が萎縮したり、
血行が悪くなる傾向にあり、胸部の細胞に十分な栄養がいきわたりにくくなるからです。
特に猫背になっている人は要注意です。


このページの先頭へ戻る